ブログ一覧

久しぶりです、最近背中から腰に掛けて・・・

                     T様(30代・男性)

『お久しぶりです(2カ月ぶり)仕事が忙しくてメンテナンスに行け

なくて、最近 背中から腰に掛けて痛みが出だしてきたので、施術を

お願いします。』と言って予約をされて来院されたT様。

 

T様は解体業でお仕事をされながら、DJをされていて、最近は本業の

解体業が忙しくDJのお仕事は何本かキャンセルされたそうです。

 

『本業の方では、20kgくらいのものを大量に移動させなくてはな

らず、それを左肩に担いでいる事と、持ち上げたりおろしたりと、そ

の都度、前屈みになり腰等に負担をかけているようで、最近 背中か

ら腰に掛け痛みが出だしたので、たまたま休みが取れたのと整体院の

空きがうまく重なったので予約しました。』

 

お話と触診で分かったことは、胸椎の中ほどより腰椎全体に左ズレと

出っ張りが確認できました。施術では左ズレはほぼ改善できましたが、

出っ張りは6割程度にとどまってしまいました。

 

元々、T様の出っ張りは硬く改善し難かったので、これもありかと思

います。施術後はかなり楽になったとのことで、次回の予約をされて

お帰りになられました。

座る時などの前屈みになると痛いので

                   S様(60代・女性)

『夏ごろから椅子に座ったりする時、前屈みの姿勢をすると腰に

痛みを感じる様になり、最近痛みが強くなったようなので施術を

お願いしたい』と言って予約をされて来院のS様、5年くらい前

に股関節痛来院されていました。

 

今回の来院は4年ぶりくらいになります。

 

『痛みを感じだした夏ころは、そのうち治まるだろうと思ってい

て、治療院等には行かず過ごしていたのですが、今でも痛みは治

まらず、逆に痛みが強くなったようになったので、先日近所の整

体院に行ったのですが効果が感じられなかった。』

 

『どうにかならないものかと思案していたのですが、ふと以前行

ったことのある「いわさき整体院」を思い出し予約をしたいと連

絡しました。』との事です。

 

触診では、胸椎下部から腰椎の3番まで出っ張りと左ズレを確認、

また股関節にもズレが生じていました。

 

施術では、以前の施術から数年の年月が経っている為、経年変化

で各部位が固くなっている為と今回の夏ころからの痛みで無意識

に筋肉等を動かさないようになってしまった為に硬直が見られる

ようで、改善は6割程度に留めました。

 

今回の痛みの原因は、胸椎と腰椎の出っ張りと左ズレによると思

われます。椎骨には、脊柱管という神経の束の通り道があり、こ

の椎骨がズレることで神経の通り道に歪みが生じ、神経を圧迫し

痛みとして感じるのです。

 

今回の施術後は少し楽になったと言っていただき、次回の予約を

されてお帰りになられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坐骨神経痛とヘルニアで歩行も辛くなってきた・・・

A様(60代・女性)

『10数年前にヘルニアと坐骨神経痛で整形外科に通ってけん引と電気治

療をしたのですが、一向に良くならず通院を辞めてしまいました。』

 

『最近になって腰から臀部・太腿にかけて痛みがでだし歩くのも辛い状態

になってきたので予約しました。』とのことです。

 

触診で腰椎の出っ張りと左ズレが確認でき、坐骨神経痛とのことでしたの

で仙骨中心付近の坐骨神経を探ってみましたが、痛みや違和感はなく、臀

部のエクボのあたりに痛みがあるようで、股関節のズレから痛みが生じて

いるようです。

 

施術では、先ず腰椎の出っ張り並びに左ズレを施術(施術度合6割程度の

改善)、股関節は右側が前にズレを調整し終了、一週間の経過観察をして

いただきたいとお伝えしました。

 

A様の場合、ヘルニアはさほど深刻な状況ではなく、腰椎のズレをしてい

く中で改善されるようだと思います。また、坐骨神経痛も出ていないよう

です。

 

整形外科では、臀部や大腿部に痛みが出ていると坐骨神経痛と診断される

事が稀にあります。また、ネットで臀部の痛み・大腿部の痛みで検索する

と坐骨神経痛と検索結果が出ます。

 

座骨神経は脊柱管を通り腰椎の4・5番の間と腰椎5番と仙骨の間から左

右に分かれ、仙骨の中心の左右1~1.5cm位を通り、臀部・大腿部・膝

裏へと続く人体で最も太く長い末梢神経です。このことから臀部等に痛み

があると坐骨神経痛と診断されるようです。

 

整形外科で坐骨神経痛と診断され、治療や薬を処方されても良くならない

場合は、お近くの腰痛専門の整体院を受診してみることをお勧めします。

 

股関節は骨盤(仙骨と左右腸骨から成る)の左右腸骨側の臼状のへこみに

大腿骨側の球状部が治まる形で周りの筋肉で保持されていいます。このた

め形状的にズレ易く、年齢と共に筋力が低下することでズレが生じ、それ

以上ズレを生じさせないために臀部等の筋肉が硬直し神経を刺激すること

で、臀部等に痛みや痺れとして表れます。

 

当院では以前、薬剤師さんが来院され坐骨神経痛と診断され、薬を処方さ

れ飲んでいるが、一向に良くならないと言って来院された方がいました。

その方もやはり股関節のズレからでした。この方の場合も施術を繰り返す

ことで安定するようになりました。もちろんウォーキング等で筋量UPもア

ドバイスさせていただき実行していただきました。

 

 

 

 

 

今日の開院前にでも・・・

                      T様(50代・男性)

先日、予約日の前日の早朝にお電話があり、可能なら予約を変更して

本日の午前中が一杯なようなので営業前に施術して欲しいのだがとの

事でした。

 

たまたま午前中が一杯なのと、助手が通いなことで営業前はお受けで

きない旨をお伝えしたところ、当初の予約でということになりました。

 

予約当日お見えになってからのお話で、2日ほど前から少し痛み出し

たのですが、昨日目覚めて起き上がると激痛だった為、今日まで持た

ないと思ったため電話したとのことでした。

 

触診で胸椎下部から腰椎全体が後方に出っ張っていて、左ズレが生じ

ていました。お仕事での姿勢等が影響しているのでしょう。

 

施術では7割ほど改善できましたが、お仕事等で少しずつズレが生じ

て来ているのだと思われます。

 

御本人も少し続けて通いますとのことでした。当院でも定期的なメン

テナンスをお勧めしています。

 

予約状況は、当院のホームページで確認することが出来ますが、リア

ルタイムでというわけにはなかなかいかないのが実情ですが、出来る

限り予約が入った時点で早めに反映させて行けるよう努めていきます。

 

予約の申し込みはお時間の余裕を持ってご連絡いただければと思いま

す。

 

 

腰が張って・・・

T 様(10代・女性)

T様は、先日のと肩こりのT 様の娘さんで今年高校生になられました。

最初は、中学3年生の時でバレーボールをされていて、練習中に痛めた

らしく、その時は膝痛で来院されました。

 

その後も、今年の高校入試の直前に肩こりで来院されました。連日の試

験勉強で肩に張りが出てきてとのことでした。触診・施術では胸椎にズ

レがあり改善しました。

 

今回は、高校生になって2回目で、1回目は腰に痛みがあるとのことで

したが、今回は張りがあるとのことでした。朝起きた時も辛いとのこと

です。

 

触診で腰椎が過前弯になっているのが張りの原因だと判断できます。過

前弯の改善の施術を施しました。

 

過前弯は中学生や高校生のスポーツ選手に多いのと、キャビンアテンダ

ントやイベント等の直立姿勢の方、またハイヒールを履いて重い鞄等を

持ち歩くセールスレディー等に多いようです。

 

また、産後腰痛もこの過前弯が原因と思われます。

 

当院では、施術を受けた方に「いわさき整体院のしおり」を差し上げて

おります。また、腰痛等でお悩みの方のご相談もメールやお電話で承っ

ております。お気軽にお問い合わせください。